犬との生活

[トイプードル1泊2日旅行体験記]偏食・車酔いの愛犬のために私が準備したもの4選

 

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
我が家では初めてモカとキャンプに行ってきました。初心者なので、ロッジですが…
犬連れの旅行は初めて。
偏食・車酔いもあるモカに準備してよかったもの、他に必要だと思ったことを紹介します。

 

の記事はこんな方にオススメです。

 

✓偏食のトイプードルと旅行するには、何を持っていけばいいかわからない

✓偏食で環境に馴染みにくい愛犬のために、事前にしておくことがあれば知りたい

✓車酔いをしにくくする&酔って吐いてしまったらの対処法を知りたい

 

今回は、私と同じように犬連れ旅行は初めてで、特に偏食が激しいトイプードルの場合に何を持っていけばいいのか。
普段からドッグフードをあまり食べてくれないワンちゃんに、旅先で普段どおりのドッグフードをあげてもまず食べません。

そのために、この時ばかりは非常食として考えていただけるといいかなと思います。

車酔い対策グッズも紹介しますので、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク


偏食・車酔い癖のあるトイプードルと1泊2日の車旅行に行ってきました

2021年8月に愛犬のトイプードルモカを連れて、家族で福岡県八女市星野村にある池の山キャンプ場へ行ってきました。

愛犬モカとキャンプ場のロッジ内の様子を撮影した写真キャンプ場のロッジ内の様子

 

自宅のある久留米市から八女市までは車で1時間10分ほどかかり、移動距離にすると約37Kmほどあります。

我が家の愛犬モカは車酔いしやすいので事前の対策が必要でした。

車での旅行に連れて行ったトイプードル10ヶ月モカの特徴

うちの子の性格はこのようになっています。

  • 甘えん坊
  • 環境に馴染みにくい
  • 偏食気味・少食

つまり、本当は旅行には全く向いていません。

でも、ずっと旅行へ行けないのも寂しいし、ペットホテルに預けたらもっと馴染めそうにありません。

そのため、家族で話し合い少しずつ旅行にも慣らしていこう!と決めました。

スポンサーリンク



私が実践した車酔いしやすい犬への対策とは?

我が家の愛犬モカは車酔いしやすいタイプです。そのため、車での長距離移動の旅行に連れていくためには事前に準備が必要だと考えました。

私が実際にやったことは次の4つです。

  1. 事前に車に慣らしておいた
  2. 途中でこまめに休憩させる
  3. 車内の換気をする
  4. 粗相をしてしまったときのための片づけ用の道具を用意しておく

車酔い対策①事前に車に慣らしておく

旅行当日が、初乗車にならないように前もって車に乗せて、慣らすことも大切です。

車のニオイや揺れに慣れるよう、1か月ほど前から車で移動するちょっとした買い物やお出かけにもモカを連れていくようにしました。

車に乗るようになると、自分の座りやすい定位置が決まってきました。

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
モカの場合は後部座席の中央部。前方座席で視界が遮られないからか、抱っこされない方が落ち着くのか、そこに寝そべるようにして乗っていました。

車にも慣れてきて、モカは30分くらいの乗車は平気になりました。そのため当日は車酔いしないと思っていたのですが、長時間の山道ルートとなるとキツかったようです。

車酔い対策②途中でこまめに休憩をさせる

車内は暑くてエアコン全開で、犬用お菓子、水、トイレシート、ウエットシートをすぐ出せるよう用意して乗り込みました。

最初はおとなしく寝る姿勢でいましたが途中動き回るようになったので、ホームセンターに寄り、日陰を選んで周りを散歩させました。

お水もガバガバのんで、元気を取り戻したようです!

車内の犬の様子を撮影した写真車内の犬の様子

 

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
目的地は山道で急カーブが続きましたが、あとちょっとで着くから、とそのまま進んでいたら、あ!!!(;´Д`) ・・・  やってしまいました(T_T)

うちのようにならないために、こまめに休憩してあげましょう。

特に山道は、カーブも多く犬にとって過酷なようです。人も山道は酔いやすくなりますもんね。

最低でも2時間に1回は休憩をとるくらいがベストらしいのですが、山道は30分に1回などもっと間隔は短めのがいいと思います。

車酔い対策③車内の換気をする

真夏で暑すぎる日でエアコン効率を良くするために、窓を閉めっぱなしにしていたことも、原因だったようです。

吐いたあとは休憩を少しとり、元気を取り戻してから再び車へ。

窓を開けたほうが気持ちよさそうにしていました。

でも、暑すぎるので少し開けて換気したら、締めてエアコンMAX!!

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
帰り道は20分に1回の頻度でこまめに窓を開けながら走ったこともあり、具合も悪くならずすんなり帰ることができました。

車酔い対策④粗相をしてしまったときのための片づけ用の道具を用意しておく

<車内用の持ち物>

ウェットシート

車内に持ち込むウエットシート 汚した部分を拭くため用意。
大判のが使いやすい

ペット用処理袋(レジ袋でも)

車内に持ち込むための消臭袋の写真 消臭機能つきが便利

トイレシート

車内に持ち込み用のトイレシートの写真 粗相をしそうなときに、すぐ対処できる

消臭スプレー

車内に持ち込むための消臭スプレーの写真 臭い消しに便利

タオル

旅行の持ち物としてタオルを撮影した写真 濡れたときや寒さ対策として
車内に持ち込むための水の写真 こまめに水分補給
おやつ 車内に持ち込むお菓子の写真 気分転換用
旅行の時に車内に持ち込む物を撮影した写真旅行の時に車内に持ち込む物

 

車内には粗相をした時用に、タオルやウエットシート、処理袋を用意しておくと安心です。

処理袋は消臭機能つきだと少しはニオイが押さえられます。

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
車内はウエットシートや水で濡らしたタオルで拭き取り、消臭スプレーをかけるときれいで匂いも消えましたよ。

消臭機能つき袋やウエットシートは100均でも売っているので、よかったら試してみてください。

スポンサーリンク


偏食のトイプードルのために準備したものとは?

今回の旅行で私が準備して持参したものは次の通りです。

ごはん、おやつ 旅行の持ち物として犬のごはんとおやつを撮影した写真 普段通りのごはんとおやつ
ご飯を入れる器
水を入れる器
旅行の持ち物としてエサと水入れを撮影した写真 いつもの容器で安心させるため
ウンチ袋、トイレシート 旅行の持ち物としてトイレシートと消臭袋を撮影した写真 多めにあると安心
ウエットシート 車内に持ち込むウエットシートを撮影した写真 粗相をしたとき、足が汚れたとき使用
消臭スプレー 車内に持ち込むための消臭スプレーを撮影した写真 ペット用消臭除菌スプレーなどペットがなめても安心なもの
タオル 旅行の持ち物としてタオルを撮影した写真 防寒&雑巾としても使えるもの 数枚
リード、首輪 旅行の持ち物としてリードと首輪を撮影した写真 外で散歩するとき必要
愛用ベッド 旅行の持ち物として愛用ベッドを撮影した写真 少しでも安心できるように用意
季節もの 旅行の持ち物として夏なら虫よけ冬なら防寒具を撮影した写真 夏なら虫除け(首輪につけるようなタイプ)or冬なら防寒用品
鑑札、狂犬病予防注射済票、混合ワクチン接種証明書 旅行の持ち物として犬鑑札、予防接種済確認証を撮影した写真 必要か事前に宿泊施設などで確認すると安心
レトルト・缶詰 旅行の持ち物としてレトルトや缶詰を撮影した写真 もし食欲がないときに食べられるように用意
かつお節 旅行の持ち物としてかつお節を撮影した写真 この香りで、ごはんを食べてくれる場合もあり
電子レンジでチンするごはん 旅行の持ち物としてレンジでチンするごはんを撮影した写真 旅館などで白米が出ない場合もあるので、あると安心
整腸剤 旅行の持ち物として整腸剤を撮影した写真 お腹を壊したとき用

鑑札、狂犬病予防接種済票は、宿泊施設などで必要な場合がありますので、事前に確認しておいたほうが安心です。

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
首輪かリードに鑑札と狂犬病の札はつけておくと便利ですよ(^o^)

我が家の愛犬モカはデリケートな性格で、ごはんを食べる器やごはんの内容が変わるだけでも食べてくれなくなります。

そんなモカにも、普段と変わらないいつもの食事と器をと思い、すべて用意していったのですが、まったく食べてくれません( ノД`)シクシク…

ドッグフードをお湯でふやかしても、ササミチップスをトッピングしても食べてくれませんでした。

環境がかわるだけで、食べてくれなくなるとは…

そこで切り札的に準備していたものが「かつお節」です。

かつお節はモカの大好物でした。

<偏食の子に準備しておくと便利>

レトルト・缶詰 旅行の持ち物としてレトルトや缶詰を撮影した写真 のど越しがいいので非常食として持参
かつお節 旅行の持ち物としてかつお節を撮影した写真 この香りにつられて食べてくれるかも
電子レンジでチンするごはん 旅行の持ち物としてレンジでチンするごはんを撮影した写真 旅館などで白米が出ない場合もあるので、あると安心
整腸剤 旅行の持ち物として整腸剤を撮影した写真 お腹を壊したとき用

今回はロッジでバーベキューをしたので、白米にかつお節を混ぜたものササミを焼いて食べさせました。

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
料理ができる環境でよかったですが、今後は旅館などで泊まる場合には対応ができません。

そのためには、レトルトや缶詰を持参するのもいいかもしれません。

人間でも、食欲がないときに喉越しのいいものなら食べられますよね。

部屋に電気コンロが付いているなら、小鍋を持参して茹でササミや手作り料理をつくることも可能です。

また、白米など人間の食べるものに慣らしておくのも必要です。

もしレトルトでさえも食べてくれず、2泊以上の旅行になってしまったら、愛犬の体調が心配になりますよね。

モカはかつお節が大好きなので、いざというときには白米にかつお節をふりかけてあげています。

犬がかつお節ごはんを食べているところを撮影した写真かつお節ごはんを食べているところ

 

旅館で白米がでるならいいのですが、炊き込みごはん系かもしれません。

そのため、電子レンジでチンするタイプのごはんを持参しておくと安心です。

人間のかつお節もほとんど塩分は入っていませんが、心配なら猫のおやつコーナーなどに減塩かつお節が売っています。

白米もかつお節も犬は食べられる食材です。

偏食だと食事がネックになってきます。

こういう時にレトルトなどあげてしまったら、帰宅したら普段のドッグフードを食べてくれないのでは?と心配になりますが、違う環境下で食べているのでワンちゃんも特別なことはわかっているはずです。

いつもと違う環境のストレスや、違う食事でお腹がゆるくなるかもしれないので整腸剤も持つのがオススメです。

 

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
何より、エサのことで家族が楽しめなかったら旅行へ行く意味がなくなってしまいますよ。

ここは、割り切って楽しみましょう。

スポンサーリンク



偏食ワンコの飼い主はみんな苦労している

偏食の愛犬でも旅行に連れていく方もけっこういるようです。

みんな工夫しながら、楽しんでいるんですね。

 

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
偏食犬のために、事前にお気に入りのフードを知っておくと、旅先で楽になるかもしれないですね

 

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
偏食犬のために2か月分もご飯を用意するって、相当大変そうですよね。
でも偏食でも、長く一緒に旅行できることを教えてくれる口コミですね。

 

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
血便とはびっくりです!!
旅の疲れも出やすいので、帰宅したらゆっくり休ませてあげることも大切ですね。

スポンサーリンク


まとめ

今回、車酔い対策と偏食気味のワンちゃんに基本的な持ち物+特別に準備しておくと便利なものをまとめてみました。

これ以外にも、常備薬や塗り薬など必要だなと思うものがあれば追加してくださいね。

ワンちゃんにストレスをなるべくかけないようにしつつも、ぜひみんなが楽しいと思える旅行にしてください。

今日もお読みいただきありがとうございました。おわりっ!

\ブログランキングに参加していますので、記事がいいね!と思ったらポチっとこちらを押していただけると泣くほど嬉しいです♬/
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA