偉人

ひろゆきは何者?フランスに住んで論破王と言われるようになった理由は??

YouTubeやテレビで見ない日がないひろゆきさん。

アベマTVでも週1で出演しています。

知識があり、個性派キャラなので目立ちますよね。

そもそもタレントではないのに、なぜここまで有名なんでしょうか?

「論破王」と言われるようになったのも、フランスに住んでからとのこと。

  • ひろゆきは何者なのか?
  • なぜフランスに住んでいるのか?
  • なぜ論破王と言わるのか?

この3点について気になったので、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

ひろゆきは何者?

ひろゆきが写っている写真ひろゆき 画像引用:ビジネス+IT

 

ひろゆきさんはユーチューバー、コメンテーター、掲示板管理人などいろんな顔がありすぎて、いったい何者なのか??という声も上がっています。

最近では政治や宗教関係について語っているので、話題になっています。

 

 

 

なんでも物事をハッキリ言い切るタイプなので、好き嫌いがはっきり分かれてしまいます。

 

ひろゆきの職歴

ひろゆきさんは、匿名掲示板の「2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)」を作った人で「ニコニコ動画」の元取締役管理人でした。

現在は「未来検索ブラジル」の会社役員、実業家、著作家、プログラマー、YouTuber、匿名掲示板の管理人などしています。

2015年にはフランスのパリへ移住し、今では「4chan」(英語圏最大の匿名画像掲示板)を買収し管理人を務めています。

 

 

ひろゆきのプロフィールは?

 

西村博之(にしむら ひろゆき)

【生年月日】1976年11月16日(46歳)

【出身】神奈川県

【愛称】ひろゆき

【職業】会社役員、文筆家、YouTuber、コメンテーター、掲示板管理人

 

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
大金を稼いでいるのに生活は質素と一般庶民に近い感覚が共感できます。


 

2chの投稿を元に書籍化された『電車男』は映画化やドラマ化、漫画化されましたが、ひろゆきさんはその二次的著作権料を受け取らず大震災の義援金として寄付されています。

 

ひろゆきはいつ【2ちゃんねる】を作ったの?

1996年4月に中央大学文学部教育学科の心理学コースへ入学。

その2年後の1998年には2chの前身となる「Hirox’s room」を開設しました。

同年3月には合資会社「東京アクセス」を設立しています。

在学中に遭ったバイク事故の慰謝料でアメリカのアーカンソー中央大学に一年間留学し、その間の1999年5月に匿名掲示板サイト「2ch」を創設します。

2chは2000年代前半に利用者数日本一になりました。

 

 

ひろゆきがフランスに住んでいる理由は?

ひろゆきが写っている写真画像引用:MEMORIA

ひろゆきさんの仕事が日本でなくてもできるために、フランスへ行くことになったそうです。

どこの国に住むかの考え方も独特でおもしろいです。

フランス移住を決めた理由その1 妻の希望&ビジネスが広がるから

もともと、日本に飽きてきて海外で暮らそうと候補にあげていたのはコチラの国々。

  • カナダ
  • ブラジル
  • マレーシア
  • フランス
  • ポルトガル

 

その中で、妻のゆかさんが選んだのがフランスだったそうです。

そして、英語圏でビジネスで得する語学としてフランス語は第二位になるそうです。

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
将来、さらに仕事の幅が広がることを考えて移住先を選ぶところが、ひろゆきさんっぽいですね。


▼妻のゆきさんについて気になったら、コチラもご覧ください▼

【最新】ひろゆきの妻の経歴は?結婚生活はうまくいっている?子供はいるの?

 

表向きはそのように発表していますが、裏ではこんな理由もあったそうです。

<2ちゃんねるの損害賠償金から逃れるため>

スポンサーリンク

 

フランス移住を決めた理由その2 損害賠償金を払わなくていいから?

 

ひろゆきさんが作った「2ちゃんねる」は、インターネット環境が不十分で法も整っていなかったうえに、どんな人でも書き込めるために、たくさんの問題が起きました。

誹謗中傷や著作権侵害などにより、ひろゆきさんは数々の訴訟を起こされています。

たとえば、2chは匿名性が高い掲示板であるために某動物病院が掲示板の書き込みにより名誉を傷つけられたとして、損害賠償を求めた訴訟では、書き込みの削除と賠償金400万円の支払いを命じられています。

土地や車など資産もない彼は、賠償金を支払わなくても法に問われることはないというルールを知って、無視していました。

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
毎日のように訴訟があり、出廷できないので敗訴していました。
でも賠償金を無視し続けて時効になったそうです。


 

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
でも、モノはなくても、貯金などのお金は差し押さえられてしまうのでは??


ひろゆきさんの資産防衛策は日本の法律の抜け穴を利用して、海外ペーパーカンパニーをダミー会社にすることで資産状況を特定されないようにしたそうです。


しかし、法律が変わり損害賠償金を強制的に取られるようになったため、ひろゆきさんはフランスに移住を決めたようです。

ひろゆきさんの考えは、著書「1%の努力」に書いてあります。

 

《ネットにまつわる法整備が整っていないときに、僕は2ちゃんねるを創設した。/全国各地でたくさんの裁判を起こされて、理不尽な敗訴をした。/悪質な書き込みがあったときに、本当は書き込んだ人が悪いだけなのに、僕がそれを「悪意を持って放置した」という判断をされた。/今は法律も変わったが、当時、サイトの管理人はそんな扱いをされた。/最初の裁判の判決が出るときは、「負けたら大変なことが起きるんだろうな」と思っていた。/しかし、何も起きなかった。/敗訴判決が10件、20件、30件……、100件と溜まっていっても、僕の生活は何も変わらなかった。/マンションや土地、車などの資産を持ってしまうと、それが差し押さえられてしまう。けれど、そういうものには昔から興味がなかった》

引用:デイリー新潮

 

 

 

 

もう時効になったのなら日本へ戻ってもいいのかもしれませんが、フランスの居心地も良いのかもしれませんね。

 

 

なぜひろゆきは論破王と言われるようになったのか?

ひろゆきが写っている写真画像引用:netgeek

ひろゆきさんが「論破王」と言われるきっかけになったのは、TBSの朝の情報番組『グッとラック!』だったとか。

その時ひろゆきさんはフランス在住。

週1回フランスからリモートで出演していましたが考え方が面白く、私は「なるほど!こんな考えもあるのか!」と感じていました。

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
低視聴率ですぐに終わってしまいましたが、私としては好きだったんですがね(;^_^A

 

「ひろゆき氏は理路整然と相手の言質を取り、矛盾を突いたりすることで“論破王”と呼ばれるようになりました。

もちろんアンチもいますが、コメントの切り口が個性的で、言葉に説得力があり、博識さを感じる人も多い。いわゆる“信者”が増えたのだと思います。

彼は今『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日)に出演していますが、『グッとラック!』を見た番組スタッフがオファーしたのでしょう」

引用:デイリー新潮

 

TBS側もひろゆきさんを起用するのは一種のカケだったのかもしれません。

でも、それが見事にハマったことで『論破王』が誕生しました。  

スポンサーリンク

まとめ

今回はひろゆきさんは何者なのか?

『論破王』と言われるきっかけについて調べてみました。

YouTubeでも視聴者の悩みにスパッと答える動画は、見ていて「なるほど!」と思えることも多々あります。

ハッキリしているので冷たいと思われますが、本当にツライ人からのお悩み相談には優しく丁寧に答えている部分をみると、本当は優しい人なんだろうと感じ取ることができます。

これからもフランスからバリバリ仕事をこなすひろゆきさんの活躍を楽しみにしたいと思います。

今日もお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク