エンタメ

<和田明日香>家事ヤロウで人気の簡単『おつまみ』レシピまとめ9選!

テレビ朝日「家事ヤロウ」で人気の和田明日香さん。

簡単に手際よく料理を仕上げている姿をみていると、私もマネしたくなります。

今回、簡単でマネしたくなるレシピで、『おつまみ』になるものだけを紹介したいと思います。

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
これを見れば、夫婦で飲んでいて物足りないと思ってもパパっと作れるので、会話が途切れません(笑)

 

スポンサーリンク


 

和田明日香の家事ヤロウおつまみレシピ

和田明日香 料理している様子を撮影した写真和田明日香 料理している様子 画像引用:IEGOTO

 

和田明日香さんのおつまみレシピの中から、野菜の旬に合わせてレシピをまとめてみました。

旬とは、その時期が最も新鮮で味がよくなる時期です。

野菜の旨みが感じられやすいので、美味しいです。

 

家事ヤロウレシピ 

春キャベツは葉っぱが柔らかく、味も濃いのでおつまみにどんどん活用しましょう。

春に出回る長いもは、寒い冬を越しているので甘みがあります。

キャベツの旬・・・冬と春

長いもの旬・・・初冬と春

 

●『千切りキャベツのツナマヨポン酢』

材料

  • ツナ缶(オイルタイプ):1缶
  • マヨネーズ:適量
  • ポン酢:適量
  • 千切りキャベツ:50g

作り方

  1. ツナ缶の油を切って、マヨネーズとポン酢で味付けする
  2. そこに千切りキャベツを和えたら、できあがり

 

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
とにかく簡単レシピ!こういうメニューがありがたいです

●『フライド長いも』

和田明日香のフライド長芋和田明日香のフライド長芋 画像引用:グレンの気になるレシピ

 

材料

  • 長芋 300g
  • 塩 ふたつまみ
  • 小麦粉 適量
  • 揚げ油
  • 塩 適量
  • 青のり 適量

作り方

  1. 長芋を厚さ1.5cm、長さ5cmで切る
  2. 塩ふたつまみをふって、小麦粉をまぶす
  3. フライパンに1cmほどの油を入れて、キツネ色になるまで揚げる
  4. 塩と青のりを適量かけて、できあがり

 

揚げ物は魚焼きグリルで油を切ると便利です。

長芋は生でも食べられるので、きちんと火が入っていなくても問題ありません!

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
しっかりめに塩をすると、おつまみにバッチリですね!

家事ヤロウレシピ 

夏といえば、夏野菜。きゅうり、トマト、とうもろこし、みょうが等。

きゅうりの旬・・・夏

みょうがの旬・・・初夏から秋

●『きゅうりとホタテのラー油和え』

和田明日香 きゅうりとホタテのラー油和え和田明日香 きゅうりとホタテのラー油和え  画像引用:https://www.instagram.com/kajiyarou/

 

材料

  • ホタテ缶詰
  • きゅうり30g
  • 塩 少々

  • ラー油 適量
  • いりごま 適量

作り方

  1. ホタテ缶の汁を切り、身をボウルに入れてほぐす
  2. 塩もみしたきゅうりを入れる
  3. ラー油を適量入れて和える
  4. いりごまを加えて和えれば、できあがり
モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
ホタテ缶は買う機会がなかったのですが、いつかこのレシピはマネしたい!!

 

●『みょうがの明太子和え』

材料

  • みょうが…3個
  • 明太子…1/2腹(30g)
  • ごま油…大さじ1
  • いりごま…大さじ1

作り方

  1. みょうがを千切りする
  2. 明太子をほぐしボウルに入れる
  3. ほぐした明太子にごま油を入れてペースト状にして、みょうがと和える
  4. いりごまを加えて和えれば、できあがり

 

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
みょうがと明太子の組み合わせは考えたことがなかったです!試したい!!

家事ヤロウレシピ 

「秋なすは嫁に食わすな」という言葉があるほど、秋に実るナスはうま味があるようです。

ナスの旬・・・初夏から秋

そんなナスを使ったレシピはこちら。

●豆腐に合う『ナスのレンチントロトロだれ』

材料

  • じゃこ 15g
  • なす 3本
  • 塩3つまみ
  • 米油大さじ4(なければ、サラダ油と書いてありますが、ごま油やオリーブ油が合うかと思います)
  • にんにく(すりおろす)適量

作り方

  1. なすの皮をピーラーでむき、細かく刻む
  2. 耐熱容器になす、じゃこ、塩、米油、にんにくを加えて混ぜ合わせ、ラップをして電子レンジで5分チン
  3. 軽く混ぜ合わせてなじませたら、できあがり

 

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
豆腐にも合いますが、ワインのおつまみとしてバケットに載せても合いそうです!

こちらは旬とはちょっと関係ないですが、寒くなってきた時期に体を温めるおつまみもいいかもしれません。

●『豚バラのカリカリ下敷き』

 

材料

<豚肉の下処理用>

  • 豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用)2パック
  • 塩 2つまみ程度
  • こしょう 適量
  • 片栗粉 適量

 

<ネギだれ>

  • 長ねぎ 1本
  • 鶏ガラスープの素 小さじ2
  • 塩 小さじ1
  • 砂糖 小さじ½
  • こしょう 適量
  • にんにく(すりおろす)½かけ分
  • レモン汁 少々
  • 水 大さじ2

 

  • キャベツ(せん切り)¼玉
  • ごま油 適量

作り方

  1. ネギだれをつくる
    長ねぎは、せん切りにする。
  2. ボウルに長ねぎ・鶏ガラスープの素・塩・砂糖・こしょう・すりおろしたにんにく・レモン汁・水を入れ、混ぜ合わせる。
  3. 豚肉を焼く
    豚バラ肉はパックに入れたまま、塩(1つまみ程度)・こしょう(適量)・片栗粉(適量)をふる。
  4. お肉をパックからそのままひっくり返すようにして出し、フライパンに調味料をふった面を下にして並べ入れる。上の面にも塩 (1つまみ程度) ・こしょう(適量)・片栗粉(適量)をふり、中火にかける。豚肉がカリカリになるまで5分間ほど焼く。
  5. ひっくり返して、反対の面も3~4分間ほど焼く。
  6. お皿にせん切りにしたキャベツを敷き、その上に焼いた豚肉の油を切って盛り付ける。
  7. 豚肉の上にねぎダレをかける。
  8. 豚肉を焼いたフライパンをきれいにふき取り、ごま油を入れ、火にかける。
  9. ごま油から煙が立ち始めたら火からおろし、熱々のうちにねぎダレにかけたらできあがり。
モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
カリカリの豚肉と、ネギにかかった油の音で、食欲が倍増しそうです!!

 

家事ヤロウレシピ 

初冬(11月から12月ころ)は長いもの旬なので、長いもを使ったレシピもいいですよね。

長いもの旬・・・初冬と春

 

●『ちくわと長いもの明太チーズ炒め』

和田明日香 ちくわと長いもの明太チーズ炒め和田明日香 ちくわと長いもの明太チーズ炒め 画像引用:クックパッド

 

材料

  • ちくわ 2本
  • 長芋 1/4本
  • 明太子 2本
  • お酒 少々
  • 粉チーズ 適量
  • ブラックペッパー 適量
  • オリーブ油

作り方

  1. ちくわを細切りにして、フライパンにオリーブオイルを入れ火にかける。カリカリになるまで炒める
  2. 皮付の長芋を細切りにして、カリカリちくわと一緒に炒める。
  3. 明太子にお酒を加えて、ほぐす
  4. 長芋にも火が半分位火が通ったら、ほぐし明太子を入れる。(少しだけ炒める)
  5. 明太子に少し火が入ったら、粉チーズをまんべんなく入れ、余熱で混ぜたら、できあがり。
    好みでブラックペッパーをかけると、味が引き締まります。
    (粉チーズは好みの量で大丈夫です)

 

また寒い冬には、ポカポカメニューもかかせません。

●『特製チーズダッカルビ』

和田明日香 特製チーズダッカルビ和田明日香 特製チーズダッカルビ 画像引用:https://www.instagram.com/kajiyarou/

 

材料

  • 鶏もも肉 350g
  • キャベツ 400g
  • コチュジャン 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • はちみつ 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • にんにく 1片(すりおろし)
  • しょうが 1片(すりおろし)
  • チーズ 80g
  • ごま油 適量

作り方

  1. キャベツは大きめにくし切りにする。
  2. ポリ袋にコチュジャン・しょう油・はちみつ・酒・にんにく・しょうがを入れ、一口大に切った鶏モモ肉も入れて揉み込む
  3. フライパンにごま油を熱し、キャベツを敷き詰める
  4. キャベツに焼き色がついたら、鶏肉をキャベツの上にのせる(汁ごと)。
  5. フタをして蒸し焼きにする
  6. 約5分たったらフライパンのフチにチーズを入れ、溶けたらできあがり

 

モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
おつまみもいいですが、子供のごはんにもオススメです

スポンサーリンク



和田明日香の家事ヤロウ シメのレシピはお茶漬け!

お酒を飲んでいると、最後のシメが欲しくなるときがありますよね?

そんなときにはコチラ!

ちょっと手間はかかるかもしれませんが、タンパク質もとれて美味しい台湾風お茶漬けになります。

 

材料

  • 油揚げ 1枚
  • 小ネギ 2本分
  • ザーサイ 15g
  • 豆乳(無調整)小さいパックのもの
  • おつまみホタテ 4~5個

 

  1.  油揚げの表面に醤油を塗って、オーブントースターで5分焼く
  2. ザーサイ15g、小ネギを細かく刻む
  3. カリカリに焼けた油揚げを1センチ角くらいに切る
  4. 鍋に豆乳とおつまみホタテを小さくちぎって入れ、火にかける
  5. 油揚げ、ザーサイ、ネギをごはんの上に盛り付け、熱々の豆乳をかける
  6. ラー油をたらして、できあがり
モカも@薬剤師
モカも@薬剤師
定番のお茶漬けもいいですが、こんな変わり種も食べてみたいです。こんがり焼いた油揚げが、とにかく美味しそう…

スポンサーリンク


まとめ

いかがだったでしょうか?

和田明日香さんが家事ヤロウで披露していたメニューの中で、簡単に作れるおつまみだけをピックアップしてみました。

旬も合わせてみたので、その時期に手に入れやすい野菜だと思います。

ぜひ晩酌の際のおつまみメニューとして取り入れていただけると嬉しいです。

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

 

こちらの記事もおすすめ!